結婚式は節約できるところって本当にあるの?

予算オーバー!!どこを削ればいいの?

結婚式の打ち合わせをプランナーと話し合っている時に挙式費用の見積もりが予算よりも上回ってしまいますよね。式を挙げる会場で挙式に必要なアイテムを全て揃えようとすると提携している業者との仲介料が含まれている為、費用が高くなってしまいます。よって、引き出物やドレスそしてタキシードといったブライダルアイテムを別の業者から購入そしてレンタルする事でコストを抑える事が出来ます。挙式費用を削る為には、必要なアイテムを自分達で揃える事が大切ですよ。

ペーパーアイテムは手作りしよう!

挙式にかかる費用で削れないと考えがちなのはアルバムやウェルカムボードといったペーパーアイテムですよね。結婚式の思い出を残しておきたい夫婦や式の前撮りが必要だと考えているカップルは多いです。ですが、アルバムはデータだけを貰える可能性が高いです。なのでアルバムを全て業者に委託するのでは無く、自分達で作る事によって挙式費用を抑える事が出来ますよ。また前撮りは必ず取らなければならないという決まりはありません。よって、自分達でイラストを描く、又はフェルトフラワーで装飾する事によって約3000円の予算で簡単にオリジナルのウェルカムボードが出来上がりますよ。

ブーケを思い切って造花にしよう!

生花のブーケは式場で発注すると約3万円の費用が発生しますよね。結婚式はゲストにとって短く感じられる時間です。よって、思い切って造花のブーケを利用する事で挙式費用を大幅に下げる事が出来ますよ。式場で造花のブーケをレンタルする場合は約5000円程度の費用が発生します。ですが、100円ショップで自分の好きな花を集めてブーケを作れば予算は約1000円程度にする事が出来るでしょう。式後のブーケの処理に困ってしまう可能性がある場合は造花に変える事によって、後処理の悩みとコストへの不安を解消する事が出来ますよ。

結婚式は規模や式場によって費用が異なります。最近では、カフェやレストランなどの小規模のスペースで結婚式を行うカップルも増えており、結婚式の費用を安く抑える事もできます。

標準