いろいろなことに気を付けよう!後悔しない結婚指輪の選び方

指輪のデザインに気を付けよう

結婚指輪は一生に一度の記念品ともいえる大事なものです。毎日身に着けるものであり、気に入ってずっとつけていられるものを選びたいものです。結婚指輪を購入する際に気を付けることとして、まずデザインや太さがあげられます。指輪を選ぶ際に流行しているデザインなど、その時に良いと思ったものを選ぶ女性はたくさんいます。しかし個性の強いデザインはすぐに飽きてしまうことも考えられます。何十年後先も自分に合っているかを考え、選ぶようにしましょう。

指輪の素材をよく考えよう

結婚指輪によく使われる素材にはプラチナやイエローゴールドなどがあげられますが、近年では価格を抑えて購入できるホワイトゴールドやピンクゴールドも人気をあげています。しかしこれらには選ぶうえで注意点があります。ホワイトゴールドは、メッキというコーティングがされています。身に着けているとメッキがはがれ、もとに戻すためには、もう一度メッキ加工をおこなわなければなりません。またピンクゴールドは変色しやすい素材です。ピンクゴールドに含まれる銅や銀は、空気中の酸素と化学反応を起こし、変色しやすいのです。

将来のことも考えよう

結婚指輪を選ぶ時には、指も年をとるということを考慮して選ぶことが大切です。若い女性に細い指輪や華奢な指輪はとても人気がありますが、指も年をとり、少しずつしっかりとした太さの指輪が似合う指に変わっていくのです。また指のサイズは体重の増減により変わることがあるので、サイズ直しができる指輪を選んだり、メンテナンスが可能な販売店で購入するようにしましょう。様々な注意点を頭に入れ、二人でよく話し合い、一生大切に思える指輪を選びましょう。

結婚指輪はずっとつけているものなので、入れる石は傷が入りにくくて輝きが損なわれないダイヤモンドがぴったりです。

標準